ゲーム雑記

キャプチャーボードAVT-C878を買ってみた

ゲーム機の映像を録画したり、PCに映し出すための周辺機器「キャプチャーボード」を買ってみました。

購入したのはアバーメディアさんのAVT-C878。
公式サイトはこちら

価格は22,998円と少しお高めですが、
高性能ながら初心者にも優しいとのことで購入を決定しました。
これからはゲーム攻略も動画が主流になりますからね。

2017_2_2_1
AVT-C878の見た目はこんな感じ。
デザインがめーっちゃかっこいいですよね!
この見た目も購入した決め手のひとつです。

2017_2_2_2
【セット内容】
・AVT-C878本体
・HDMIケーブル
・USB2.0ケーブル
・3.5mmステレオーディオケーブル(4極)
・クイックガイド(取説)

2017_2_2_3
さっそく接続してみました。
接続方法はすごく簡単で、ゲーム機とPCをAVT-C878に繋ぐだけ。
あとは公式サイトからソフウェアをダウンロードすれば完了です。
※PS4に接続する場合は事前にPS4側のシステム設定からHDCPをオフにしておく必要があります。

スポンサーリンク

2017_2_2_4
さっそく接続してみました!ほんとに簡単です。
ただしPCに映し出される映像は0.2秒程度遅延が起こります。
RPGでは問題ないレベルですが、瞬時に判断が必要なアクションゲームやレースゲームをプレイする場合はパススルーでテレビに接続したほうが良いと思います。

2017_2_2_5
WiiUも簡単に接続できました。
スプラトゥーンやゼルダの配信に使えますね!

AVT-C878はこれからゲーム実況をやりたい方にはおすすめの製品です。